このブログを検索

2019年9月12日木曜日

無印良品、増税後も税込価格を据え置き 良品週間を全力待機

無印良品が、来月1日の消費増税後も、税込価格を据え置くと発表しました。ただし、IDÉEの商品や書籍など、ほんの一部の商品は増税後に税込価格が値上げされます。



これで、増税後の開催が予想される次回の良品週間を、迷うことなく待つことができます。

無印良品週間情報局

2019年9月6日金曜日

増税前に無印良品の人気商品が続々値下げ 駆け込みは不要?

無印良品の約1,100品目が、8月30日までに値下げされました。

値下げ対象の商品には、6月に予告されていた靴下やファイルボックスのほかにも、「体にフィットするソファ」や「駅の時計」などの人気商品も含まれています。詳しくは公式サイトをご覧ください。

値下げされた人気商品の一部
新価格 旧価格 値下げ率
靴下 790円890円11%
ソファ 9,990円12,600円21%
駅の時計 7,990円9,790円18%
ファイルボックス 490円690円29%
メイクボックス 350円450円22%
調理スプーン 590円850円31%

増税前の駆け込みは不要?


さて、来月1日の消費増税まで、あと1ヶ月を切りました。このタイミングで値下げされ、増税前に駆け込みの買いだめは必要なのでしょうか?

無印良品は、前回の増税時は価格据え置きを明言していましたが、今回は「税込価格表示を続ける」との表現にとどまっており、価格そのものには触れていません。



しかし、少なくとも今回値下げされた商品は、増税を見越して価格を設定しているはずなので、おそらく増税後も価格は据え置きになるのではないかと思います。

次回の無印良品週間は、増税後の10月4日からの予想です。今回値下げされた商品を、よりお得に購入するには、次回の良品週間まで待った方が良さそうです。

無印良品週間情報局